お転婆なエリカとは対照的に、アルトは若い頃からスローペースな仔でしたが、シニアになってからは、ますます動かなくなりました。

ところが、咳が治まってきたら、まるで犬が変わったように活発に動くようになったんです。


blg160312-004

めったに走らないのに、楽しそうに走ったり、リブラと一緒にボールを追いかけたりもしました。


blg160305-003

お散歩も、私をグイグイ引っ張って歩いたり。

ステップから上がっていたウッドデッキにも、ひらりと飛び乗ったり。

もうずーっと抱っこをせがんでいた階段も、自分で昇ったり。


blg160312-001

オモチャなんて興味を示さなかったのに、リブラのオモチャを取り上げてみたり。

リブラとプロレスごっこをしてみたり。

ごはんを食べるのもゆっくりだったのに、ガツガツと勢いよく食べたり。


咳が続くと、人間だってしんどいですよね。それが治まったんですから、身体はかなり楽になったんだと思います。それと…エリカの闘病から受けたストレスも軽減したのでしょう。

でもね、それだけでなく、アルトの様子が私には…、

「ボクだって、エリカみたいに走れるよ!ウッドデッキだって、飛び乗れるよ!階段だって、昇れるよ!リブラなんかに負けないもん!」

「だから、ママ、泣いてないで、ボクを見て!ボク、こんなに元気だよ!」

そう言っているように見えてしまったんです。

愛おしくて、ほめて、ほめて、ほめちぎりました。そうすると、ますます頑張っちゃうアルトでした。



頑張ってたアルトですが、しばらくして、またテンションが落ちてしまいました。

原因は…雪でした。


blg160312-002

暖冬の時に限ってドカ雪が降るそうで、今年になってからよく雪が降りました。そして、一旦積もってしまうと、気温の低い安曇野は、なかなか雪が融けません。

家の北側の道路は、すっかりアイスバーンになってしまい、お散歩に出ても、「イヤぁ~っ!お家に帰るぅ~!」と、歩こうとしなくなってしまいました。

庭に出しても、トイレの場所がなかなか決まらず、ウロウロしてばかり。


blg160312-003

カウチポテトキャバに逆戻りしてしまいました。

雪が融けると元気を取り戻し、また雪が積もると激沈の繰り返しです。

すでに3月も中旬ですが、相変わらずよく雪がちらつきます。私なんぞ、花粉症の症状が出ているというのに。

今夜から明日にかけても、お天気は崩れるようです。

それでも、雪の季節はいくらなんでも終わりに近づいているはずですから、アルトが毎日ゴキゲンで過ごせるのも、もうすぐでしょう。


blg160313-001

こんな笑顔のあるちょんを早く見たいです♡

あ…そうそう、階段は雪には関係ないので、毎日頑張って昇っています。

今年の夏には12歳になるアルト、もっといたわってあげないとね。

いたわってはあげるけど、自分でできることは自分でやろうね✩