【12月27日】

エリカの旅支度。

いろいろ持たせてやりたかったけど、制限がいろいろありました。

お花も少しってことで、父と母からローズピンクのミニバラを、ぽじぃ姉さんは玄関のエリカの花を切って小さな花束を作ってくれました。

エリカの大好きな赤いボールを持たせてやりたかったけど、NGだったので、まん丸のスプレー菊を切ってボールの代わりに持たせました。

もう大腸炎に苦しむこともないので何を食べてもいいんだけど、10年来療法食しか食べてこなかったので、いつもの療法食を1食分。

いつも使っていたスヌードは木綿なのでOKでした。(化繊はNG)

包むのは、木綿か麻かダンボールっていうことだったので、私の使い古しのバスタオルで包みました。私にベッタリの子だったから、新しいものより、私の匂いが染み付いたもののほうがいいかな?と思って。


blg160301-009


勤め人のぽじぃ姉さんとは、朝のうちにお別れをしました。

アル✩リブにはお留守番してもらって、父と母とエリカと車に乗って出発。


blg160301-003


朝は雪混じりのぐずついた天気でしたが、エリカの旅立ちの頃にはすっかり晴れ上がって、きれいな青空になりました。

エリカの旅立ちの場所は、山の上。鳥のさえずりが聞こえました。

午後3時、エリカは空へと旅立ちました。


blg160301-010


エリカは小さくなって、帰ってきました。

家に入ると、しんしんと冷えていました。アルトとリブラも寒そうに丸まっていました。エリカがエンジェルになってから、エリカのために薪ストーブを焚かずにいましたが、安曇野の12月に “暖房なし” は結構キビシかったです。

もうエリカの心配をすることなく、薪ストーブを焚くことができます。それがまた、悲しかったりします。

エリカにたくさんのお花が届きました。お心遣いに感謝いたします。



【12月28日】


blg160301-005

-6℃の凍みる朝でした。薪ストーブを焚かない生活も、限界だったと思いました。


blg160301-006

白い覆袋がイヤで、赤いギンガムチェックのスヌードを着せました。うん、このほうがエリカらしいです。

この日も、たくさんのお花が届きました。お心遣いに感謝いたします。